Traveling the World

ブログランキング参加中!クリックお願いします!

Please Click These Buttons to Help us in the Japanese Blog Rankings!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

最近の投稿

  • 私たち 今ニューヨーク。 私たち 今ニューヨーク。
    2013/03/13 by
    ここ数日間 ブログサイトのホストサーバーのメンテナンスが行われていて、 書きたいことあったのに、 ブログ繋がらんやった・・・・。  じゃーーんねーーん。 国際結婚旅にアクセスして下さった方、 本当すみません。。。。 今 アクセスできたので 空港に向かうまでの時間を使って サクサクっつ と 書いていきたいので 読んでもらえると嬉しいです! フロリダ出発前日。 B家族が 大好きな 朝ごはんスタイル BBQ ブレックファースト イン the パーク 友達も来てくれ、 ステーキ &エッグ 朝から(昼前?) から ステーキを食べて 満たされる。 だーーいすきな Bママ パパ。 この両親が Bの両親で よかったなーって 深く感謝。 出発当日、 マイアミ空港まで Bママ パパに見送りしてもらい しばしのお別れ。 やっぱり さよならを言うのは つらいね。 また会えるって分かってても、 離れるのは 寂しい。 涙ナミダのお別れをし、 Bママ パパにもらった カードを読み、 また 涙し、 しばしのお別れを実感。。。。 この大量の段ボール プラス Bが背負っている バックパックを 加算料金とられることなく、 (サイズも 重さも ぎっりぎりのパーフェクト! 達成感♥) 無事にチェックインし、   向かった先は   ひとまず  NY~★ 私たちのフライト めっちゃ格安な航空券のため、 3日間かけて 帰るんです。。。。 普通なら 1日くらいかけて帰るのに、 プラス2日。 まー でも NYは まる1日ステイできるので、 NYで バリバリ大活躍の 国際弁護士 ニラブ先生のお宅に 1泊お世話になります。 (12月に フロリダにも遊びに来てくれた あのニラブ先生です) ←クリックでジャンプします JFKから タクシーで ニラブ先生の家へ向かうと、 「エンパイア―ステイトビルディングやーーん」...
    Read more
  • 帰国直前に サメに食れるとか、シャレならん・・・・・ 帰国直前に サメに食れるとか、シャレならん・・・・・
    2013/03/10 by
    もう帰国まで カウントダウン!! 今のうちに この フロリダの恵まれた天気を楽しもうと、  Bの近くにあるビーチに 日光浴へ行ってきました~!   土曜日ということ プラス この時期 寒いところを離れ 暖かいフロリダへ 訪れてくる人たちが多く ビーチは 日光浴を楽しむ人がたくさん。 (あれ? この写真では あんまりたくさんの人に見えないね・・・。 笑 実際は これより多いです) 数日前、 このビーチから 直線で 約16km~ 20km 北部にある ウエストパームビーチに 数千もの サメの大群が襲来。 そのため 遊泳禁止措置がとられました。 (そのエリアのみ?)   あれ? このニュース聞いたのって 2,3日前だよね? 16Kmの距離って サメなら 簡単に泳いできそうよね? それも 何千もの大群がイッセイに やってきたらどうするの? と、 今 このブログを書きながら 気付いたわけですが、 苦笑 Bさん  普通に 入水しました。 その時は めっちゃ 冷たそーーーー。 波強いなーーー。 くらいしか思ってなかったのですが、 今思えば、      サメいなくて よかったーーー!!! どうりで  誰も泳いでなかった訳??? いつもだったら 少々寒くても、水冷たくても 泳いでる人をよく見かけるんだけど、 この日 泳いでる人を ほっとんど見かけなかったんだよね。 海から上がってきた Bに 「 この広いビーチで あなたしか泳ぎよらんやったよ 」  って、言ったもん。 あれ? 周囲の人の視線をたくさん感じたのは、そのせい? なんか、今 ピンときたような。。。。   遅 帰国数日前に サメに食われたとかなったら  シャレならーーーーーん!!! この場合って 海外保険っておりるのかな。 笑 ※ 帰国直前問わず、 シャレならんけど。 私は 風が冷たくて 水には入らずに テーブルクロス (← !!) を占領し 日光浴~!...
    Read more
  • この度、バックパッカーを卒業します。 この度、バックパッカーを卒業します。
    2013/03/09 by
     総重量 11kg の 最低必要限だと思い 選んだ物だけを 詰め、 空いたスペースには、 これから始まる旅への 夢と希望と わくわくした気持ちだけを バックに詰め込んで  身軽に出発した、約1年前の4月。 帰国直前となると、 いろんな国を旅し 様々な経験や、 たーーーくさんの 大切な思い出が 増えたせいで 60Lの バックパックには 収まらなくなりました。 60Lのバックパックに簡単にすっぽりと収まるような 思い出たちではなさそうです。 笑 ということで、 このたくさんの“思い出たち” を どうやって日本に持って帰ろうかと、 選んだ 方法はこの場合 手段 が適切用語? 段ボール! (スーツケース買っても 要らんし 高いしね) 飛行機に無料で預けれる荷物は 1人 23kg   3辺の合計が 158㎝    を 2個まで。  (飛行機会社にもよる) そう 私たちは 2人なので 23㎏ × 4個 = 96㎏ まで スペースを マックス最大限に使いたいので、 サイズも きちんと 158㎝ ぎりぎりになるように 段ボールをカットして 組み立て直して、 重さも慎重に量りながら 思い出たちを 詰め込んでいく。 96㎏もありゃー そのたーくさんの思い出たちも 余裕で詰め込んで持って帰れるだろう、 と思いきや、 重さも サイズも最大限に パンパンパンに 詰め込んだ 思い出たちは 最終的に 3個の段ボールに よーーーやく収まった。 残りの 荷物(Ooops!!) 思い出たちを 機内に預けられるのも あと1個のみ。 私の使わないバックパックは 段ボールに詰めて帰りたかったのだが、 バックパックの重さを 加算すると 23㎏からオーバーしてしまう。 まー 今のところしばらくの間 バックパックで旅することもなかろうし、 もしも必要になっても( ♥ ) 日本にもう1個 予備(笑)の バックパックあるし、 ということで、 バックパックを置いて帰ることに。 そう、 この度 私 バックパッカーを 卒業?して、      ダンボーラーに♥        ...
    Read more
  • オーマイガー。 帰国まであと1週間!! オーマイガー。 帰国まであと1週間!!
    2013/03/04 by
    率直に思ったことを そのまんま タイトルにしてみました、 国際結婚妻 ユリです。 気付けば もう3月ですね。  初春ですよね。 旅の出発に向けて、心 わっくわく~ どっきとき~ してたあの頃から、 もう1年が経とうとしているーーーーーーーーーーー! なんでこうも 時が流れるのが早すぎなんでしょ。 国際結婚旅、 な、な、なんとーーー 帰国まであと1週間になりました。 っていうか、今 どこで 何してんの? って 感じですよね・・・・・。 苦笑 ということで、 ブログ サボっていた間に何をしていたかという 近況報告でも さくっと書いてみますね。 今日もお付き合いくださいませ~! まー 一言でいうと、 私達、残りのフロリダライフを 満喫中です。 マチュピチュのワイナピチュ登り口で出会った 福岡出身のテツさん。 ちょうど フロリダに遊びに来ているということで、 数日間一緒に過ごすことに。 Bの家の近くのビーチ。 太陽きらきらで、天気が良くて、水も澄んでて 水着持っていかなかったことを プチ後悔。 っていうことで、帰国前までに 絶対行きなおして 泳ぐ!   フロリダでしか食べれない物を食べる。 というこで、見てのごとく 食べまくってます。 日本に戻るまでに 出発時の体重に戻るつもりだけど、 まだ プラス3キロ キープ。。。。。。 もう残り1週間しかないから 完全諦めた。 食べたいもの食べる♥ 気持ち少なめに。笑 テツさんリクエストにより 日帰りで キーウエストへ。 ここからキューバまで 90マイル。 キーウエスト一番の写真スポット。 US1 という国道の スタート地点。 0マイル。 この道をずっと北上すると カナダと国境の メイン州まで行けます。 佐賀の人がお店を出している キーウエストにあるお寿司やさん。   誰かが来ると 絶対連れていきたいスポット。 ターポンのエサやり。 年々 かなり巨大になってます! 足に魚が ジャンプして食いつこうとすることを ビビるくせにやりたがる 32歳。  鳥に威嚇されて やり返す32歳。  苦笑 グリルを囲んで 焼きながら食べるという 日本風のBBQもしました。 競犬?   ドッグレース ギャンブルのドキドキ感は楽しいね。 まー 見事に全敗ですが。...
    Read more
  • アメリカ①の日本語講師 アメリカ①の日本語講師
    2013/02/18 by
    国際結婚旦那 ボビーです!   旅中であまり YouTube作り の時間がなかったけど、   長いバスでの移動中や乗り換え待ちの時間で、   色んなアイディアを考えるチャンスが盛り沢山ありました!     全て旅中で頭の中に浮かんできた くだらないジョークを   新しい動画シリーズに まとめてみました。     もうすでに、     『日本語 間違っているよ』     というコメントは日本人の視聴者からきていますが。。。   間違っている事が ポイントですので、   それを笑っていただけたら、 嬉しいです。     ご覧下さい。  (^ー^)/   ユリも出演しています。         動画の感想等 コメントいただけると嬉しいです!       ランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。...
    Read more
  • -近況報告ー   今私達はここにいます。   -近況報告ー   今私達はここにいます。  
    2013/02/17 by
    国際結婚旅 妻のユリです。 皆さんご無沙汰してます。 ウユニ記事で完全に途絶えてしまってますね。。。すみません。 ウユニの後の行方は、また別の日にUPしていきたいと思ってます。 あれやこれやと 書きたいことたくさんなのに、 記事は全く追いついていませんが、 とりあえず 今日は近況報告を伝えたいと思います。 え?  ここどこ?  海も見えるよ~!!  わーいわーい! 酸素もいっぱい~! わーいわーい!! Tシャツ 短パンでいけちゃうぞ~!  わーいわーい! 海を眺めながら、 ちょっと豪華な夕食じゃん? シーフードのプレートと ワイン・ビールで乾杯~!  わーいわーい! 何か特別なお祝いかい? 地平線に沈んでいく夕日が 今日はいつもより特別に しんみり気分にさせてくれるのは 何故? 南米最後の この景色見るのもしばらく最後かな? そう、ここは 南米最初に降り立った地  ペルーの首都 リマ。 地球を くるっと ヒトマワリ~?? そして、やって来たのは~ Bの故郷 フロリダ~!! そうです、私たち アメリカに戻ってきました~!!! 「アメリカに戻ったら、おいしいサラダが食べた――――い。」 ペルー ボリビアで 生野菜に飢えていた私。 おいしくて きれいなサラダをBが作ってくれました~!!!  あー最高♥ マイアミのおばさんの家に数日泊めてもらい、 マイアミビーチを散歩し、 走ったり、歩いたり、ローラーブレードに乗っていたり、 ヨガ帰り? とウエア―着ていたりと、 エクササイズしている人を町中で見かけ、 アメリカに帰ってきたな~って 実感が湧く。 種類豊富なスーパーに来ては、 「あー これぞ、 アメリカ~」 って 思ったり。 バレンタイン当日。 南米にいるときから、 「今年のバレンタインデーは モール行って 買い物して おいしい物食べようね~」 ってことで、限りある予算の中で 自由に買い物を楽しみ、 Bは 自分の洋服 下着以外 フルセット購入。 久々に 欲しいものを買えて、 大満足~!! 日本を出て初めてかな? 旅以外のことで 自分たちの 洋服とかに お金使ったの? (いや、多分違う・・・・。 日本出たときより、洋服も 靴も増えてるもん・・・・ 苦笑)...
    Read more
  • ウユニの町での過ごし方 と ウユニのホテル ウユニの町での過ごし方 と ウユニのホテル
    2013/02/09 by
    新月の 満天の星を見ようと ウユニの町には たくさんの日本人の人が集まってることでしょう。 (風のうわさですが、 J〇Bツアーで 大学生300人が訪れると聞いたのですが 本当なのかな?) ということで、 ウユニ塩湖のブログはたくさんあると思うので、 ウユニの町での過ごし方・ 泊まったホテルについて UPしたいと思います! 今日も お付き合いよろしくお願いしますね~! ウユニの町は 本当に小さいので (数ブロックしかないと思う) あーこの人 あそこで みたよね~ って 何度も同じ人たちを みかけます。 ここが 両脇に レストラン インターネットショップ お土産屋さんが 集まっている広場。 旅人の人が集まって ビール飲んでいたり、 日光浴をしながら 本読みしたりする人をよく見かけました。 ブリサや 穂高ツアーがある 町の通りには 不思議なスタチューなども、 ドンと立てらています。 ので、 今日 ウユニに行かないんだ~って 何もすることなく 暇な人などは、 写真撮影でもして 楽しみましょう~! 写真撮影といえば、 これもそう! 町のいたる所に アートと呼ばれる 南米っぽい落書き?も たくさんあるので、 いろんな絵をみつけて ぶらぶら歩くのも 楽しいでしょう!! 楽しい時間の過ごし方といえば、 食事でしょ!! 食べることが 旅の一番の楽しみな私たち、 おいしい食事の時間は 最高に幸せ~!! 何度も通った レストラン。 名前しらん・・・。 ソーリー。 ブリサ 穂高ツアーの通りに向かって 左角のお店。 (お菓子屋さんの隣) ここの タコス が 味が濃厚でおいしい! 私のお気に入りは トマトスープ。  3回も食べたよ。 レストランがたくさんある通りの 似たようなレストラン3店にも行ったけど、 なんだかんだここが お気に入りの ピザーラ。(スタッフの対応とか トマトスープとか。 ) ※ 基本的に 観光客が集まる通りにあるレストランは ピザや タコスを出すレストランばっかり。 メニューの内容も ほぼ同じ。 (写真も同じの使ってる。 why? ) 同じメニューに飽き飽きのなか、 ウユニ1 お気に入りのレストランを発見~!! レストラン パブ ELTHIUM ホステル MANA に向かって歩いていると、 何件かお土産やさんあって、すぐに 左手にある。 おしゃれな看板が目印。 (・・・・ っていっても分からんよね)...
    Read more
  • ウユニへ “安く” “快適” “安全”  に行く方法 ウユニへ “安く” “快適” “安全”  に行く方法
    2013/02/05 by
    2月10日の新月に向けて、 満天の星空を見ようと、 たくさんの日本人旅人の人がウユニに集まると予測されますが、 そこで、 今回 私たちが 実際に行ってみて ラパスから ウユニへ 安く 快適に行ける方法をみつけたので、 ご紹介します。 これからウユニへ向かわれる方のお役に立てれば嬉しいです。 一般的に ラパスから ウユニの町へは ボリビア価格としてはめっちゃ高い バス料金を払い 舗装されていないガタガタの 悪路を通って 12~13時間かけて移動される方が多いと思います。 実際に 私たちも 行きは その方法で行きました。 ガイドブックにも 一番安全なバス会社として書かれている トド・ ツーリスモ社   Todo  Turismo 夜7時に出発するので 45分前にオフィスに集合といわれたけど、 バスが来なくて 実際に出発したのは 夜9時前。 (悪路のため 遠回りして安全な道を通っていくらしい) バスターミナルで 他のウユニ行きのいいクラスのバス 最高価格が 155ボリ ($22) に対し、 バスターミナル外に 特別オフィスを持っている トドさんは  230ボリ ($33) (※夜ご飯、朝ごはん、英語話せる添乗員付き、クッション、ブランケット、車内温暖) ボリビアで 75ボリ ($11) の差っていえば、 1泊の宿泊料金にも値するくらい、 結構な価値があるわけですよ。 それでも、やはり ツアーリストは 安全に行ける方法を選びますよね。 実際に 私たちが乗った トドさんバス内は 今まで スペイン語を話せる人ばかりの乗り物に乗っていたのに、 急に ほとんどの人が英語圏 もしくは スペイン語以外を話す人たち。 (日本人も多い) 周りから 英語が聞こえてくると、 なんか 同じツアーリストとして共通するものを感じ取れて 気持ちが安心したな。 しかし、1人 230ボリ払ったわりには バス自体は そんなにきれいなものではなく、 ローカルバスとさほど 差がない気がする。 シートもボロボロだし、 そんなに倒れないし、足元狭いし、 シートのクッションがうすっぺらいので、 長時間乗ってると お尻がめっちゃ痛くなる。 まー ここがボリビアなので ボリビアにしては いいのかもしれないけど、 (ペルーのバスがクオリティー高過ぎ?) その辺に走っている ローカルバスのバスの方が、豪華にみえたり、快適そうだったり。。。 まー ウワサによると、 トドさんのバスは 質がいいバスと そうではないバスがあるらしく、 運にもよるらしいです。...
    Read more
  • ここが “ウユニ” だーーーー!!! ここが “ウユニ” だーーーー!!!
    2013/02/04 by
     「この旅の ゴールはウユニだね~」 去年4月、東南アジアから入り、西回りでヨーロッパを周り、 アメリカ。 そして、今 南米。 旅に出る前は、 いろんな旅人のブログを見て、 私も絶対行きたいって思った場所。 世界一周に行くんだったら、ここは絶対行きたい。 南米で一番見たかった場所、 いや、この旅で一番 行きたかった場所かもしれない。 それが、 ウユニ。 南米って 日本にいる頃は めっちゃ 遠ーい 地球の裏側だったけど、 思えば、 今 その 地球の裏側にいるんだ、私たち。 国際結婚旅、 旅終盤、  念願だった、ウユニ 行ってきました!!! 題して、 ここが、 “ウユニ” だーーーーーー!!!   今日も お付き合いよろしくお願いします。 私たちが申し込んだのは ブリサツアー。 友達が先にチャーターしてくれてたのに 便乗させてもらったのですが、 車1台 850ボリ  7人まで。 プラス長靴代 10ボリ。 私たちは6人でチャーターしたので1人150ボリでした。  ご参考まで。 夕方3時から 夜10時まで 夕日と 夜空を見るのと、 早朝3時から 朝10時までの 朝日を見る時間帯をチャーターできるみたい。 朝早起きが 苦手な私たちは、 昼3時から 夜10時までのチャーターに参加。 車をチャーターするのは ほとんど日本人なので、 (他の外国人は 朝からの1日ツアーや 2泊3日でチリの方面に行くツアーに行って、さくっと ウユニを去るパターンが多そう) 人数集めるのとか不安な人でも 、 同じ時間帯にチャーターしたい日本人の人が 旅行会社やホテルにたくさんいますので、 その場に行くと 簡単に ウユニメンバーがみつかると思います。 みんな 当日の天気や 風、雲と相談して、行く行かないを決めてるみたい。 このオフィスの数件隣にも 日本人が集まるチャーターを扱っている会社 (穂高ツアー)があるので、 数件あたるのも いいかもね~。 さー 本題に入って、ウユニウユニ。 あわびあわび。 ウユニが海鮮にみえてきた。 ウユニの町を出発して10分くらいでこぼこ道を進むと、 ウユニ塩湖が見えてきました~!!   私と ヒトマワリも違う 今年成人を迎えた若者 元気者 お調子者 の ヒデ君が タイガーマスクをつけて、 他のお客さんに絡んだり、...
    Read more
  • だから ラパス が好きなんです。  Part 2  (観光編) だから ラパス が好きなんです。  Part 2  (観光編)
    2013/01/31 by
    ラパスに恋している私たち。 その理由は何?   “だから ラパスが好きなんです!! パート2” 食べることだけが ラパスの魅力じゃなーーーい。 今日も 張り切って行ってみましょう~!! ラパス名物となっている おばプロ。 読んで字のごとく、 おばちゃんのプロレス。 インディヘナなのおばちゃんが プロレスってことで、 興味深々。  (始めはね・・・・)  毎週日曜日、 夕方4時半よりスタート。 エル・アルト行きの ミニバスに乗って、  「ルチャ リブレ 行きたいんだ」 というと、行けます。   セントラルから 20分くらいかな? 観光客にも人気のようだが、  地元の人にも めっちゃ人気がありそう。 チケットを買うため 長蛇の列です。 ちなみに、観光客 50ソレス  地元の人 15ソレス。 だとか? 会場で仲良くなった日本人の人たちは、 人数集めて 団体で購入して 40ソレスで購入できたそう。 値切りOKなのかな? 入場チケットには、 トイレ券 2枚 お土産 + スナック + コーラ 券 1枚  ついてて、 ↑ これが お土産。 ポストカード数枚と シールと、ちっこいインディヘナのおばちゃんの人形。 いらんけん、その分入場料安くしてくれ~ インディヘナのおばちゃん以外にも、 うっさんくさい変なコスチュームを着た人々も。 基本的に、 悪役 と 正義の味方 というように 良い選手  悪い選手 に分かれていて、 レフリーが悪い役で、 悪い選手の手伝いをして 一緒に良い選手を倒したり、(蹴ったり、殴ったり) インチキして 悪い選手を勝たせる。 そして、 その結果に対して 観客が ブーイング をする。 そして、 正式なレフリーが出てきて、 再度 試合を始めて、 良い選手が勝って、 会場 喜ぶ。 という パターン。...
    Read more
  • だから ラパス が好きなんです!  Part 1 だから ラパス が好きなんです!  Part 1
    2013/01/30 by
    やっほーい! 書きたくて うずうずしていた 好き好きラパス編 いっき~ま~す!! 今日も、お付き合いよろしくお願いします。 コパカパーナで のんびり過ごした後向かった先は、 ボリビアの首都 標高 3650m ラパス~! 朝、適当に起きて ラパス行きのバスが随時あるので、 (ラパス―ラパス―って いろんな人が 呼び込みしてます) そのバスの運転手に直接お金を払って 出発。  (1人 20ボリ $3  3時間半くらい) (旅行会社で買わなくても 当日そのままバスに乗れると思います。) チチカカ湖を眺めながら この大絶景を眺めながらの移動。 遠くに アンデス山脈もみれて、 みてー この空の青さ~!!! もー たまらん。 南米の自然 好き好き~!!! 途中バスを降りて、 (あー 他の人のブログで 船に乗るって聞いたことあった~) インカ神話によるクスコ王国の初代国王である、 マンコ・カパック。 へい、そこの君、にやにやしてません? 笑 バスだけ 別の船に乗せられ、 私たちは 1人 2ボリ (30セント)払って、 別の船に乗って 向かいの岸に移動~!!(10分くらい?) 酔い止めを飲んだ副作用か、 (ただ単に 乗り物に乗るといつも眠くなるからか・・・) いつのまにか ぐっすり寝こけていて、 目が覚めると こーーんな景色が どーーーん。 すり鉢状の盆地に位置している ラパスの 街が見えてきました~!!! 青い空と 山に囲まれ、 富士山頂とほぼ同じ高さがあり、世界最高所の首都ラパス もう、これ見るだけで ラパス好きになる気配 が感じられます!   そして、ここ ラパスに来る楽しみにしていた理由、 それは、 おいしい日本食が食べれるということ~!!! 泊まる宿も決めないまま、 バス停から そのまま向かった場所は、 旅人の間で 超超超 有名な けんちゃん。 いろんな人のブログを指くわえて見てて、 絶対行きたかった場所。 もうこの入口の看板みるだけで、 テンション上がる ↑↑ アメリカとかでも、寿司やさんは行ってたけど、 こういう 日本にありそうな定食やさんに行くのは ひっさびさ~! 広ーい店内には マンガ本があって、 WIFIも ガンガン飛んでて、 (ブログは ここでUPしてます。 今 けんちゃん♥) テーブル席以外に、座席もあって、 座布団の上に座って、 温泉の宴会場にいるみたいで と~っても落ち着きます。 流れてる 懐メロも めっちゃ日本にいるような気分を盛り上げてくれる。...
    Read more
  • 国境越えてボリビア入り。 コパカバーナでリゾート気分。 国境越えてボリビア入り。 コパカバーナでリゾート気分。
    2013/01/29 by
    ペルーから 23か国目のボリビアin の 国際結婚旅です。  毎度 ご観覧 ありがとうございます。 今 ボリビア ラパスにいますが、 天気が良くて 昼間はTシャツで過ごせて クスコのあの悪天候で ダークな気分を忘れさせてくれるくらい 幸せ気分満々です。 いやー ラパスいいですね~。  もっと、田舎町で あんまりすることないのかな、っていうイメージがあって、 ウユニに行くために来たようなものだったんですが、 (あと、おいしい日本食食べに♥) 実際は、 人々のエネルギーに溢れていて、 食べ物の種類も豊富だし、 (日本食・韓国料理・スペイン・おしゃれなカフェ等 いっぱい) ステキなおしゃれエリアもあるし、 ローカルなエリアもあるし、 山に囲まれていて 見上げる景色が最高にきれいだし、  物価安いし、 昨日着いたばっかりだけど、  すでに ラパスに恋しちゃいました~♥ と、その前に コパカバーナ編を書いて 次に ラパスネタ じゃんじゃん出していきますので、 しばし お待ちください。  あー ラパス好き好き♥ ボリビア好き♥ チチカカ湖沿いにいある プーノから ボリビアの コパカバーナへ移動。 バスで 3時間半くらいなので らくっらく~。 途中 ペルー ボリビアの国境を通らなければいけないので、 イミグレで ペルーの出国スタンプをもらい、 (実際 私たちは 出国カードにだけ スタンプをもらい、パスポートにもらい忘れて、 ボリビア ペルーを 2回 行ったり来たり、二度手間だったので、 出国カードのスタンプをもらって、 また違う オフィスで パスポートにスタンプもらうことを 忘れずに~) この門を超えると、 ボリビア側。 日本人はボリビアただで入れるのに、 アメリカ人のBは、高っかいお金 ($135) を払ってビザを申請をしなければならず、 人より 時間もお金もかかるので、 急ぎ足で ボリビア入国中。 と、私は、 国境付近にある、 ビールと ペルーの看板で そこにいた 韓国人に写真をお願いして 1人 記念写真~。 ミーハーやっほーい。 ボリビア入国を無事に終え、 そこから バスで1時間もせずに 目的地の コパカバーナへ!! Bの友達が めっちゃおすすめだという おっしゃれーなデザイナーズホテル hostallasolas に泊まりたかったのですが、予約がいっぱいで泊まれなかったので、 (是非クリックで見てください。 本当 すってきーーなホテルです。 こんなところに $42~48 で泊まれるなんてすってき~。 泊まりたかったな・・・) 今回は バスを降りたすぐ目の前のホテルへ泊まることに。 (Hotel...
    Read more
  • わらで出来た浮島 ウロス島 わらで出来た浮島 ウロス島
    2013/01/28 by
    張り切って毎日ブログUPしてたのに プーノから ボリビアに入り、コパカバーナに来たら めっちゃネット遅くて 写真UP全くできず ブログUP怠ってました。 すんません。。。 今 ボリビア ラパスに着いて 泊まる宿も決めないまま、 そのままの足で、日本食で超有名な けんちゃん にいます♥ 日本人のお客さんも多いけど、現地の人にも人気のようで、広いレストラン内 お客さんいっぱいで 大繁盛~!! 温泉にある宴会場みたいなところで 靴脱いで 床に座って落ち着く~♥ 握り寿司セット かつ丼 いただきました。おいしかった~。 プラス WIFI さっくさくーー。 わー サザンオールスターズが流れよる。 日本人の心に響くね~。 ということで、 わらで出来た浮島 ウロス島編をお届けします。 半日ツアーで ウロス島へ出発。 空と湖のコントラスト最高~!! 空に近い湖、きれいか~。 ウロス島のエントリー。 1人 8ソレスの 入島料を払います。 (ツアー料金には含まれていたので 私たちは何も払ってない。 人数をごまかして、3分の1くらいしか払ってなかったよ、私たちのガイドさん。) スペイン軍などの迫害から逃れて来た人達が 湖の上に 藁を重ね島を作り生活を始めたのがウロス島の始まりらしい。 よく、藁で島を作ろうと思ったよね。 私にはない発想だな。 最初に降りた島、 5家族が暮らしている島。 ほら、本当に藁を敷き詰めて 浮いてるでしょ。 藁を敷いてるだけなので、歩き心地は ごわごわ ふかふか? する感じ。 と、ここで ウロス島の説明を この島の島長さん (ウィッキーさん)より。 島全体が「トトラ」と呼ばれる葦でできた300程の人工の浮島の集まりで、 そこに2700人ほどの先住民アイマラなどの島民が生活している。 島自体は、湖面に顔を出すようにして生えているトトラを刈り取り、 その根の塊を浮島のベースとして、刈り取ったトトラをブロックのようにして束ねたものを3mほど重ね、 さらにその上に敷き藁のようにしてトトラを敷き詰める、といった方法で作られており、 浮材として使っているトトラが腐ってきた場合には、 また上から新しいトトラを補充する。島の寿命は10〜15年。 島には学校や病院など島民向けの施設のほか、レストランや商店、宿泊施設など 観光客向けの施設まで一通り揃っており (どれもトトラでできたユニークな造り) 、 その気になれば島で丸一日過ごすこともできる。 島の説明を聞いたあとは、 「うちにおいで~。」 と お招きをいただいたので おじゃましてみました~。 (もちろん営業目的ね) 家の中には ベッドがあるだけの シンプルな感じ。 旦那さんとの2人暮らしで、お腹には ベイビーちゃんが宿っています。 ステキ♥...
    Read more
  • クスコからプーノへ。 クスコからプーノへ。
    2013/01/24 by
    なんだかんだで のんびり ゆったり 10日間過ごした クスコを離れ 次なる町  プーノへ移動することに。 朝ホテルをチェックアウト後 、深夜バスで移動のため みんなの憩いの場 マクドナルドさんで ご飯を食べて、 Wifi 使って マチュピチュのブログ書いたり、 各国から出している ポストカードを家族に書いたり、 おしゃれなカフェを発見したので、 そこで コーヒー飲みながらバスの出発まで ネット ネット ネット。 私たち、完全 インターネット漬け・・・・。  いかんよね・・・・ ようやく夜になったので、 セントラルから バス停まで タクシーで移動(4ソレス) バスターミナルには バックパックを背負った旅人で 溢れかえっている。  地元の人より、旅人が目立つ感じ。 ここクスコ (マチュピチュ) の 旅の人気度がうかがえる。 バスの出発時間になり、(6時間半 40ソレス) 酔い止めと 高山病の薬を飲み 準備万端。 リマークスコ間の大移動大変だったからね。 ゲロピー族に囲まれて。 シートもふかふかで 120℃くらい倒れて ぐっすり眠れる。 プーノは 標高3855mの高さにあって 富士山より高いところに行く。 ということは、 山を登るため ぐにゃぐにゃ道をまた行くのかな~ なんて 正直うんざりしてたけど、 意外と 道は スムーズで そんなにカーブもなく ゆっくりすやすや快適に移動できた。 朝 5時 に プーノのバス停に着き、 そこからタクシーで 宿泊先の INKA’S  REST ホステルブッカ―ズ で 評価が91%と 優秀なホステルのようで ここに決定。 チェックインができる 10時まで 宿泊者が集まる共有スペースで 5時間くらい過ごし、 ようやく 自分たちの部屋へチェックイン~。 待ってました~!! 朝ごはん込みで、 プラベート ツインルームで 1泊 $22 自分たちのドアを開けると リビングがあって お隣の部屋の人と 共有して使うことができる。 その奥が ベッドルーム。 こういう共有スペースあると 住んでる気持ちになれるから 快適~。 ずっと ベッドの上で過ごすの いやだもんね~。 このリビングには 自由に飲める お茶や、 TV DVD パソコンまであります。 Wifiも さっくさく~。 そういうのポイント高いよね~!! 昨日の夕方から何も食べてなかったので、 ぽんぽこりんのお腹を満たすために、 近所の ローカル食堂へ。...
    Read more
  • 南米ハイライト マチュピチュ 南米ハイライト マチュピチュ
    2013/01/23 by
    『南米の聖書』と呼ばれる 『大いなる歌』という叙事詩があります。   その中の 第2の歌、『マチュピチュの高み』という詩を 高校生の時に 勉強しました。   パブロ・ネルーだ作家に書かれ、『大いなる歌』は   マチュピチュを登りながら、   南米の歴史 と 自分の人間性を 深く反省する内容 で、   傑作として、世界中で有名です。   (話が長くなりますが、ご興味ある方、クリックで こちらで説明と和訳があります。。。)       とにかく、高校生の僕は その 詩 (小説の長さぐらいあるしですが、)   に 恋に落ちました。     インカ王国だけではなく、   南米全体に 攻めて来た ヨーロッパの国々との 複雑な 関係。。。   インカの文化 (アズテックも、マヤもそうだけど) と 歴史 が なくされた事、   そして、アメリカ合衆国に利用された事。。。   南米の人の本性 は ヒスパニックであろうか、元々の民族であろうかの悩み、怒り、ろうばい等、   その情熱さと   もちろん、 何でも深く考えて、反省する スタイル が 私の心に強く響いていました。     マチュピチュ遺跡を このように、ネルーダ作家がか例えました:   『天なる鷲座よ...
    Read more
  • マチュピチュに着くまで、大絶景の中を駆け抜けます。 マチュピチュに着くまで、大絶景の中を駆け抜けます。
    2013/01/23 by
     さー 待ちに待った マチュピチュツアー 2泊3日スタート! 朝7時半 ホテルピックUP。 そして 他の人をピックUPに回ったりとか、 ガソリン入れたりとか (なんでいつも入れとかないのかな?って 不思議。 結構 いろんな国のツアーに参加すると、 みんなを拾ったあと スタンドに行くパターンが多い。) 9時クスコ出発! このバンに 15人乗り込んで出発~! ここクスコは 標高3000m台で、 向かう マチュピチュは 2000m台と 標高が 1000m下がるってことで、 高山病の薬は特に飲まず、 余裕こいてた・・・・。 そして、酸素が濃くなることに 楽しみを感じてる私。 が、 標高が下がるどごろか、 山を上ってるよね? じぐざぐ山道を上り、 雲の中を通り超え、 「うわーー アンデス山脈が見えるよ~!!! 」 普通なら ちょっと苦痛である バス移動でさえ、 「 これなら バス移動 、 得した気分だね~!! 」 豪華に何倍ものお金を出して電車移動してたら 出会わなかったかもしれない 素晴らしい絶景を堪能できて、 安くて得した気分~。 (まー 体力は消耗されますがね・・・) 遠くに見えていた 雪山が、 1時間後くらいには   こんな間近に 雪山を見上げるくらいの高さまで登りつめてきました。 雪景色の 大絶景に ただただ見とれるばかり。 「 うわーーー美しか~~~~ 」  と、  50回以上は言ってたね、 私。 キレイじゃなくて、 美しい。 本当に 美しくて 涙が溢れてきたよ。 マチュピチュに向かうためには、 途中 4000m 以上の、 アンデス山脈 を 超えるなんて 知らなかった。 最高地点で見かけたサインには 4136mって書いてあった。 もう、これだけで、 マチュピチュに向かう意味があったというか、 大絶景に 大満足! お腹いっぱい。 4000mの山を越えたあとは、 急に道が悪くなったんだけど、 こんな崖ぎりぎりのところを走ったり、 水の中を駆け抜けたり、 こんな 危なっかしい 橋を超えたりと、 「今 私たち、この運転手に、命預けてるよね? おじちゃん 絶対落ちんでよーーーー」 スリル 恐怖満点だけど、...
    Read more
  • マチュピチュ ツアーで行った方が安いか? マチュピチュ ツアーで行った方が安いか?
    2013/01/19 by
    明日から 2泊3日で マチュピチュに行ってきます! 天気予報では 雨 らしいですが・・・ 山間部の天気予報は当てにならないらしいので、 私たちの中では ぴかぴかお天気の中を ぐんぐん登るイメージできてます。 旅人のみなさんは すごく情報をお持ちでしょうし、 インターネットで マチュピチュ と検索すると 情報がたくさんあるので、 あまり詳しく書きませんが、 マチュピチュ行くのって、 本当 お金がかかって、 遠いんです。  行ったことない私たちには、行き方が複雑というか、面倒くさそう・・・。 まー 山奥にひっそりとある神秘的な世界遺産に行くのに、 簡単にとことこ行くのも 重みがないので、 ある程度面倒くさいほうが、 逆にいいのかもしれませんが。 私たちが今回選んだ 交通手段は バス6時間 + 3時間のトレッキング。 (1日かけて移動して、マチュピチュ村に1泊して 翌朝 早朝起きて マチュピチュ遺跡に行くルート) そう、旅人の中では 一番安いとされている手段。 今回ツアーで行こうか、 バスと マチュピチュチケットだけ手配して 自分たちで行こうか、 悩んだ結果、 ツアーで行くことに。 なぜなら、 ツアーで行く方が 少しお得? か、 トントン くらいと読んだから。 自分たちで行くとすれば、 バス往復だけで、80ソレス ($32) マチュピチュと ワイナピチュ(1日400人限定) 入場券 152ソレス ($60)   マチュピチュ村 宿泊費 1人 20ソレス ($8) 帰りの電車代 ($12) (マチュピチュ村から クスコに戻るバス乗り場まで) すでに、この時点で $112 そして、私たちが申し込んだツアー $130 (ワイナピチュ登らない人 $120) で、上に書き出した分 プラス、 昼・夜・朝 の食事も付いてるので、$18で食事が 3回できると思うと、 (といっても、期待はできそうにないけど・・・。お腹を満たす目的だけかな?) 悩みに悩んだ結果、 だったら、 ツアーでもいいかな~。 個人的に行ったら、 食いしん坊の私たちの場合、食費だけで 大変なことになりそうだしね。笑 (そして、マチュピチュ村 やたらと食事代が高いらしいので。) ついでに、マチュピチュ内のみ ガイド付きらしいし。 2日目 マチュピチュ・ワイナピチュに登ったあと そのまま ツアーでクスコに戻るとなると、 ゆっくり出来そうもないし 登って 下ってすぐ、 集合時間に間に合わないといけないし、 BWK ペルー編の撮影もしなければいけないので...
    Read more
  • クスコでお祭りに遭遇!! クスコでお祭りに遭遇!!
    2013/01/19 by
    クスコに来て 丁度1週間が経つようですね~。 ここには マチュピチュに行くために来たんですが、 その、、、、 のんびりしすぎて、 マチュピチュ まだ行ってません・・・・。 苦笑 雨期のため いい天気になるのを望み、日程を組みくれなかったことが原因かな。 あと、レストランのチョイスも多いし、 マッサージやさんも安いし、 のんびりしやすい 環境が一番の原因かも? まー天気は運任せなので、どう もがいても仕方ないのは 分かってるんだけど・・・・ 改めて マチュピチュネタは 今度UPしたいと思います。 (あれ?まだ行ってないけど・・・?) ホテルの部屋で 今後のルート考えてたり、 調べものしてると、 楽しそうな音楽が 聞こえてくるではないか~!!! カメラを持って 音楽が聞こえる方へ ダッシュ~!!!     クルクル回って スカートをふわふわさせる かわいいお姉ちゃんたちグループのあとは、 ひょっとこお面をかぶって、ビール瓶を抱えて踊る おじさんたち。 私は、このひょっとこグループの音楽と、ビールを持って踊る 楽しい愉快な雰囲気が 一番好きだったな。 全部で5組くらいに分かれていて、各グループが それぞれ 独特なコスチュームを着て、 演奏とダンスをしながら 町の中をパレード。 豚を飼っている人達が、豚の聖人をお祈りするというお祭りで サン・アントニオ パレード。 と、いうらしい。 この子に釘付で、 写真撮りまくったよ~。 かわいすぎやろー。 なにもーー この顔~~~♥♥ きゅんきゅんするぅ~♥♥   ここは、ひとつ ひょっとこファンとして。 お祭りって、 本当にエネルギーが溢れていて、  その場にいるだけで わくわくするし、 笑顔が止まらない~。 偶然 お祭りに遭遇できて、ラッキーな1日でした。 お! ここにも ひょっとこ発見! 笑 ランキングに参加しています。 クリックで応援よろしくお願いします。   にほんブログ村 にほんブログ村...
    Read more
  • ようやく旅モードになった旦那です。 ようやく旅モードになった旦那です。
    2013/01/17 by
    どうも、ボビーです。   最近、YouTubeの動画を再びアップするようになってきましたが、 (クリックでYTのチャネルに ジャンプ)   今回のブログは コロラド州に行った振りかな?   フロリダで ゆっくりしすぎたせいか、   また旅モードに入りづらかったです。   マチュ・ピチュ と ウユニ に、 行くことを楽しみにしていましたが、     ペルーのクスコに着いてから、   雨期で、 寒くて、GREYな日々が続いていて、やる気があまり。。。   やはり、国際結婚旅は 寒い所に向いていないな と 思いました。       けど、この一年間の旅、残り2ヶ月もないし、   昔から 見たい と 私が思っていた マチュピチュ と   『ここまで来たら、ウユニ に 行かない訳ないやん』 と言うユリ   は 寒くても、   このチャンスを大事にし、   充実した時間を過ごしたいです。 (そして、ウユニに行ってから、   早くあったかいチリのビーチに行こう!   と2人で決めて、   楽しみにしている事また増えた!)...
    Read more
  • クスコ観光~!! クスコ観光~!!
    2013/01/15 by
    インカの都、 クスコに着いて 2日が経ちました。 高山病の影響なのか、 それとも、温度差がひどく 寒さになれてないからか、 (この旅始まって 初めてこんなに寒い) 微熱があり 風邪っぽい症状が続いていますが、 まー 寝込む程のことはなく、 用心しながら のんびり滞在している 国際結婚旅です。 今泊まっている ホテルは 町の中心から 徒歩10分くらい。 少し小高いところにあり、 少し上っただけでも、息切れ。 車が ぎりぎり1台通る 小道を下りて 街中心にある、 アルマス広場へ。 インカ時代の面影と、スペインの征服の歴史が混じりある古都。 ここから 小高い山を眺める景色が本当にきれい。 地元の人や、観光客が集まっていて クスコ1賑わっているエリア。 インカ時代のビラコチャ神殿の跡に建てられた カテドラル。 民族衣装を身にまとった インディヘナの 親子。 水たまりの中に入り 足をばちゃばちゃして 遊んでる~ を 激写。ぶれたけど。 水のなかにあえて入りたがる子供って 本当 万国共通ですね~。 町には 小さいヤギや アルパカを抱えて 民族衣装を身にまとった人たちがいるんですが、 「 フォトフォト  ウンソル  (1ソル) 」 と、 写真を撮るにも ビジネスなので 今度 改めて 写真を撮ったときにUPしたいと思います。     景色を眺めながら ぶらぶら町歩きしたり、     ペルー (特にクスコ) では、 安くマッサージができるってことを 前々から 楽しみにしていた私たち。 旅に出る前 アメリカで マッサージ 2人で140ドル に、行こうとして、 たまたま お店が休みだったので、 行かずに 我慢した甲斐がありましたね~!!! ここでなら、 2人で 10回行けるよ~!!! インカマッサージといって、温かくなるクリーム(ならんやったけど) を 塗って、 ホットストーンを使って 全身マッサージしてくれる。 結構 ゴリゴリ系で、温められた石が気持ちよくって、 私たち好みのマッサージやった~!!! (31時間のバス移動の疲れが とびますね~) あと、ここクスコで 金太郎 というレストランで 日本食が食べれるということで、 行ってみました。 (ガイドブックに載っていた住所に 昨日今日2回行って、2回とも閉まっていて、 あれ? 潰れたのかな?って思って 隣の本屋さんに聞いてみると、移転したとのこと。 それも、2年前。 私のガイドブック どんだけ古いと・・・・? っていうか、情報不足・・・・) 皆さん 最新の情報をお持ちで、 私たちのように、情報不足の人はあまりいらっしゃらないと思うので、 場所は書きませんが、...
    Read more

ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!